週刊ニュースレターを読む
ブログ一覧に戻る
偉大なる省略記号 三点リーダーがいかに多くを物語るか

偉大なる省略記号 三点リーダーがいかに多くを物語るか

翻訳記事 Aug 24, 2021

この記事はMediumのブログ: The Mighty Ellipsisの翻訳転載です。著者ジョン・サイトウさんの許可を得て公開しています。


「省略記号(...)は史上最も素晴らしい文字だ」と言うと、ほとんどの人が私をイカれてるかのように見てきます。私に狂人のレッテルを貼る前に、説明させてください。

何十年もの間、インターフェースデザイナーは、ユーザーにあらゆる種類の重要な詳細を伝えるために省略記号を使用してきました。すぐにお分かりになると思いますが、この三つの点=三点リーダーは、わずかなスペースに非常に多くの意味を詰め込むことができます。

それでは、これまでにインターフェースデザインで省略記号が使われてきた5つの異なる方法を見てみましょう。読み終えた頃には、この小さな文字に新たな価値を見出すことができるかもしれません。

1. 省略記号=「まだ次に決めることがあるよ」

私が初めて省略記号を見たのは、Windows 3.1でした。それは私の初めてのコンピューターでした。省略記号は、いくつかのボタンやメニューオプションに表示され、それをクリックした後にも、何かを決める必要があることを意味していました。

省略記号がここで役に立ったのは、アクションがすぐには実行されないことを約束してくれたからです。アクションを開始しても、気が変わったらキャンセルできます。

この省略記号のパターンは、今でもWindowsやMacに存在しますが、最近ではほとんど使われていません。20年でどれだけ進歩したか見てみましょう。



Windows NT (1993): 省略記号だらけ

 Windows 8 (2013): 省略記号はどこへ行った?

Googleのマテリアルデザインガイドラインでは、メニューアイテムやボタンに省略記号を使わないよう推奨しています。これは、多くの選択肢には次の決定が必要であり、省略記号をたくさん使うとインターフェースが煩雑になるからです。

この省略記号のパターンは時代遅れかもしれませんが、三点リーダーがあるだけで、人々の意思決定を助ける立派な仕事をしてきたと私は思います。

2. 省略記号=「ここに入力してください」

近年、多くのプロダクトでテキストフィールドの表示に省略記号が使われています。最近のトレンドですね。

誰がこのトレンドを始めたのかはわかりませんが、私が見つけた最も古い例は、2008年のFacebookのものです。

なぜ、このような省略記号を使うのでしょうか?私の推測では、省略記号はここで2つの目的を果たしています。

  1. 視覚的効果。ページ上の他のすべてのものの中でテキストフィールドに気づくのが難しい場合があるので、省略記号を使ってテキストフィールドを視覚的に目立たせます。これは注意を引くために使われます。

  2. 心理学的効果。従来、省略記号は言葉の省略を意味していました。これは、何かが欠けていることを意味します。ある意味、省略記号は、あなたが自分の言葉を入力して空白を埋めるように促しているのです。

スタイルガイドの中には、すべてのテキストフィールドに省略記号を使うことを推奨しているものもあります。例として、Salesforceのスタイルガイドをご覧ください。個人的には、このような省略記号の使い方は好きではありませんが、デザインのトレンドとしては明らかに定着しています。

ひっそりと、省略記号は「ここに入力してください」というシンボルになりました。

3. 省略記号=「その他にもアクションができる」

最近、多くのアプリでは、下ではなく(...)真ん中に表示される省略記号(⋯)を使って、その他のアクションができるメニューを示すようになってきました。基本的には、「ここでは、もっといろいろなことができますよ 」という意味です。

多くのAndroidアプリでは、同じ意味合いを持つ、縦書きの省略記号(⋮)をよく見かけます。

このデザインを好まない人もいますが、その理由はアプリの重要な動作を隠してしまう可能性があるからです。このデザインが好きかどうかにかかわらず、数年前のハンバーガーボタンのように、このシンボルがUIデザインのホットなトレンドになっていることは否定できません。

昔は、省略記号が「その他のアクション」を意味するとは誰も思わなかったでしょう。しかし、ここ数年、省略記号は新たな責任を担うようになり、もうあと戻りできなくなっています。

インターフェイスデザイナーがシンプルさを追求するにつれ、この省略記号はあらゆるアプリでますます目立つようになるでしょう。

4. 省略記号 = 「もう少々お待ちください」

省略記号のもう一つのよくある使い方は、動作が進行中であることを示すことです。「読み込み中...」接続中...アップロード中... このパターンを何百回と見たことがあるでしょう。

もしここで省略記号を使わなかったらどうなるか想像してみてください。私たちは進行中のアクションに省略記号が表示されることに慣れているので、もし何も表示されなければ、何かおかしいと思うかもしれません。

何か違和感を感じませんか?少なくとも私の目には、省略記号を使うことで、背景で何かが起こっているという安心感があります。省略記号がないと、何かが行き詰まっていると思ってしまいます。

多くのデザインガイドラインでは、ユーザーが待機する必要がある場合にアニメーションの使用を推奨しています。しかし、ユーザーが数秒しか待つ必要がないのであれば、省略記号は、システムが正常に動作していることを示すもうひとつのサインになると思います。

単語の最後に三点リーダーを使うと、単なる三つの静止した点であるにもかかわらず、何かのアクションが進行中であることを確信できるのです。これは凄いことだと思いませんか?

5. 省略記号=「さらに文字が続く」

省略記号は、文章が長くなりすぎたときに、単語を短くするためにも使われます。これを「切り捨て」といいます。長いファイル名を扱うときによく見られます。

 初期の頃、長いファイル名は最後に切り捨てられていました。最近では、多くのアプリケーションやオペレーティングシステムが、途中の文字を切り捨てて、最後の数文字を表示させています。最後の数文字は、ファイル名の中で最も重要な文字であることが多いので、これは賢いやり方です。

もし切り捨てがなかったら、テキストがあちこちで重なってしまうことになります。ありがたいことに、省略記号が私たちを救ってくれて、インターフェースを完全なるカオスから救ってくれました。


省略記号がなかったら、こんな感じになるかもしれません。ああ、恐ろしや。

 

小さいが強力

省略記号がインターフェースデザインで使われてきたさまざまな方法を見てきましたが、省略記号がこれまでで最も素晴らしい文字であることに賛同していただけましたか?いくつかの小さな点が、これほど大きな意味を持つとは誰が想像していたでしょうか?

チャットや会話のテキストで省略記号を使う素晴らしい方法については、まだ触れていません。それはまた別の機会に...。

今度、あなたのインターフェースに省略記号を入れるときは、私のために愛情を込めてください。省略記号は、あなたのストーリーの中で最も過少評価されている文字かもしれません。


執筆者プロフィール:ジョン・サイトウ(John Saito

ジョン・サイトウはテック業界で15年の経験を持つプロダクトデザイナー。デザイン、ライティング、プロジェクトマネジメントの経験を持つ、多才なチームプレーヤーです。何百万人もの人々に利用されるエクスペリエンスを創造しています。

Medium Twitter | LinkedIn