週刊ニュースレターを読む

Blog

よりアクセシブルなコンテンツを書くための簡易ガイド 翻訳記事 Oct 02, 2022

この記事はMediumのブログ: A brief guide to writing more accessible contentの翻訳転載です。著者のエリック・チャンさんの許可を得て公開しています。


Photo by Alexander Dummer on Unsplash

UXデザイナーは共感を得る達人、であるはずです。

それなのに、なぜデザイナーは多くのユーザー層を無視するのでしょうか?

障がいのある人々は、デザイン設計のプロセスで無視されがちです。彼らは、ユーザーリサーチやテストから除け者にされ、...

Continue Reading...
ピッチ・ポートフォリオ:まだないところに、UXライティングの仕事を作る 翻訳記事 Sep 25, 2022

この記事はウゾマ・イベクウェ氏のブログ: Pitch Portfolio: Create a UX writing job where there is noneの翻訳転載です。著作元のUX Content Collectiveの許可を得て公開しています。

ユーザーエクスペリエンス・ライティングとはどんなものかを学び、ポートフォリオを作り、転職活動を始めたものの、不安は募るばかりです。UXライティングは、あなたの地元の多くの雇用主にとって、まだ未知の概念なのです。さて、どうしましょう?

初心者、特にUXライティングの仕事が少ない地域に住む私は、求人サイトで何時間も費やしても、...

Continue Reading...
解約フロー:ユーザビリティとビジネスのバランスを両立する方法 翻訳記事 Sep 17, 2022

この記事はMediumのブログ: Cancellation flow: how to balance usability and businessの翻訳転載です。著者のキャロライン・リニャレス さんの許可を得て公開しています。

解約フローの設計は、簡単な場合もあれば、きわめて複雑な場合もあります。それは主に、あなたの会社のガイドライン、あなたが扱っているプロダクトやサービスによります。また、ユーザーにとってより使いやすく、企業にとって不利益にならない代替案を出せるかにもよります。こうした背景と取りうる可能性を知ることで、クライアントの情報を引き出し、...

Continue Reading...
入門レベルのUXライターに求める5つの資質 翻訳記事 Sep 09, 2022

この記事はUX Planetのブログ: 5 Qualities I’m Looking for in an Entry Level UX Writerの翻訳転載です。著者のプトゥ・M・ウィジャヤさんの許可を得て公開しています。


Photo by Bench Accounting on Unsplash
 

この2年間、私が担当してきたことのひとつに、UXライターの採用があります。

インドネシア・ジャカルタでは、UXライターの数は限られています。経験豊富なUXライターはユニコーンのように珍しく、彼らのほとんどが大企業で幸せな生活を送っています。時には、...

Continue Reading...
音声体験のための書き方:UXライターのための4つのヒント 翻訳記事 Aug 31, 2022

この記事はアンナ・ジョリフ氏のブログ: How to write for voice experiences: 4 key tips for UX writersの翻訳転載です。著作元のUX Content Collectiveの許可を得て公開しています。

優れたUXライターの特徴は、印象的なコピーを書く能力ではなく、ユーザーと効果的にコミュニケーションする能力があることです。UXライターは、言語能力だけでなく、ユーザーがどのような人なのか、どのようにプロダクトを使用しているのか(音声体験を含む)を理解し、共感する力が求められます。

GUI(グラフィックユーザーインターフェイス)...

Continue Reading...
英語のネイティブでないことが、いかに私を優れたUXライターにするのか 翻訳記事 Aug 25, 2022

この記事はドラガナ・ミロヴァノヴィッチ氏のブログ: How not being a native English speaker makes me a better UX writerの翻訳転載です。著作元のUX Content Collectiveの許可を得て公開しています。

企業はしばしば「英語のネイティブスピーカー」を採用条件として挙げますが、これでは一流のライターの才能を見逃すことになるのではないでしょうか?英語を母国語としない人が、なぜ優れたUXライターになれるのか、ドラガナが説明します。

「アメリカの人たちがやるべきだ」彼は言いました。「僕らはコンテンツを書けるけど、...

Continue Reading...
UXライターがFigmaを学ぶべき理由 翻訳記事 Aug 17, 2022

この記事はサミー・スペクター氏のブログ: Why UX writers should learn Figmaの翻訳転載です。著作元のUX Content Collectiveの許可を得て公開しています。

Figmaは、この数年間、UXデザイン界に旋風を巻き起こしています。あなたも、デザイン仲間がFigmaについて話しているのを聞いたことがあるでしょうし、ワイヤーフレームを見たり、自分でページを少しいじったりしたことがあるかもしれませんね。

Figmaはウェブベースのソフトウェアで、包括的なデザイン操作ツールと幅広いコラボレーション機能、...

Continue Reading...
データドリブンなUXライターになるには(コピーのA/Bテスト方法) 翻訳記事 Aug 09, 2022

この記事はパトリック・スタッフォード氏のブログ: How to become a data-driven UX writer (and how to A/B test copy)の翻訳転載です。著作元のUX Content Collectiveの許可を得て公開しています。

一般的にデータについて語られるのは、開発やプロダクトマネジメントのような、技術的な分野が中心です。 

それがライターとなると、 データに基づいた意思決定が少々あいまいになりがちです。一体、どうやって決めるのか?ライターとして、どのように仕事にデータを取り入れたらいいのでしょう。それだけでなく、...

Continue Reading...
ユーザーにとって「簡単」の本当の意味を明らかにする 翻訳記事 Aug 06, 2022

この記事はUX Collectiveのブログ: Defining what ‘easy’ really means to your usersの翻訳転載です。著者のフィンレイ・スティーブンス・ハントさんの許可を得て公開しています。

プロダクト担当者は簡単という言葉を使うのが好きですが、この言葉は曖昧で参考になりません。簡単を実現するには、もっと微妙な違いまで捉える必要があります。ここでは、その方法と理由について紹介しましょう。


Maxim Berg https://unsplash.com/photos/h9sljx2r4Vk

「簡単」...

Continue Reading...
卓越したUXライターだけが実践している5つのこと 翻訳記事 Jul 26, 2022

この記事はUX Planetのブログ: 5 Things Great UX Writers Do But The Good Ones Don’tの翻訳転載です。著者のプトゥ・M・ウィジャヤさんの許可を得て公開しています。

Bartle Bogle Hegarty Pencil. Source: Google

数ヶ月前、面接で候補者が「ダメなUXライター、良いUXライター、卓越したUXライターをどのように定義しますか?」 と質問しました。

そこで私は、定番のコンピテンシー・マッピングについて話したのですが、素晴らしい質問に対する答えとしてはお粗末なものでした。

当時は、...

Continue Reading...
UXライティングにおいて、気の利いた言い回しを慎むべきとき 翻訳記事 Jul 20, 2022

この記事はPrototyprのブログ:When you should ease up on the wisecracking in your UX writing の翻訳転載です。著者のキネレット・イフラさんの許可を得て公開しています。


Photo by Jacek Dylag on Unsplash

ダジャレ、皮肉、一発芸、文化的レファレンス、感情や人間性の表現、かわいらしい修辞疑問文。これらはすべて(あるいはその他も)、ユーザー体験を向上させ、ブランドのビジネス目標達成させるのに効果的なツールです。

  • しかし、一般的な言葉がすべて斬新な言葉に置き換えられているせいで、...
Continue Reading...
Trelloを使ったユーザーリサーチ 翻訳記事 Jul 13, 2022

この記事はMediumの記事: Using Trello for user researchの翻訳転載です。著者クレア・ウェルチさんの許可を得て公開しています。

定性データの分析は、机にポストイットが散乱しているものから、カラフルなMiroのボードまで、様々な形式で行われます。しかし、一つだけ変わらないのは、より広範囲のチームや主要なステイクホルダーと、インサイト(洞察や発見)を共有する必要があることです。

私はSopra Steria Designチームのユーザーリサーチャーですが、最近のプロジェクトでは、何か違うことを試してみようと思いました。

試しにTrello...

Continue Reading...
1 2 3 4 5 6