週刊ニュースレターを読む
ブログ一覧に戻る
卓越したUXライターが実践している5つのこと

卓越したUXライターだけが実践している5つのこと

翻訳記事 Jul 26, 2022

この記事はUX Planetのブログ: 5 Things Great UX Writers Do But The Good Ones Don’tの翻訳転載です。著者のプトゥ・M・ウィジャヤさんの許可を得て公開しています。

Bartle Bogle Hegarty Pencil. Source: Google

数ヶ月前、面接で候補者が「ダメなUXライター、良いUXライター、卓越したUXライターをどのように定義しますか?」 と質問しました。

そこで私は、定番のコンピテンシー・マッピングについて話したのですが、素晴らしい質問に対する答えとしてはお粗末なものでした。

当時は、より良い答えを考える時間があまりありませんでした。

今は考える時間がたっぷりあるので、良いUXライターと卓越したUXライターの違いについて、詳しく説明することにしました。

それでは、どうぞ。

1. 良いライターはブリーフを理解し、卓越したライターは異論を唱える

(※ブリーフとはプロジェクトの概要説明のこと)

すべてのプロジェクトは通常、背景、問題点、目的、要件、スケジュールなどを網羅したブリーフから始まります。

良いライターであれば、ブリーフを受け取った後、何をすべきかをすぐに理解できます。プロジェクトマネージャー(PM)は心配の必要がありません。決められた期限までに、素晴らしいコピーが完成します。

PMが気にかけるべきは、偉大なライターがブリーフに異論を唱えるときです。彼らはすべてを明確にするために質問をし、もしブリーフが不完全であったり、プロジェクトが価値のないものであると感じたら、反論してくるかもしれません。

2. 良いライターは言葉を削り、偉大なライターは交渉する

UXライターにとって、文字スペースは重要です。デザイン上、50文字以下、極端な場合は6文字以下のテキストしか許されないこともあります。

このような状況に直面したとき、良いライターはアーネスト・ヘミングウェイ・モードに切り替えます。飾り立てた言葉を捨て、使えるスペースに合うようにメッセージを切り詰めます。そして、この課題を克服するのです。

一方、偉大なライターは、交渉モードに切り替えます。文字数を減らす代わりに、デザイナーと交渉し、スペースを増やしたり、レイアウトを調整したりするのです。偉大なライターにとって、文字数を削るのは最後の手段なのです。

3. 良いライターはダブルチェックし、卓越したライターはテストする

すべてのコピーが完成し、ユーザーインターフェイスのレイアウトに美しく収まった後、最終版をPMに提出する前に、もう1つのステップ、チェックがあります。

良いライターは、UXコピーの編集者とともに、句読点、スペル、語法、文法、一貫性などを再確認し、「celendar」ではなく「calendar」、「cancellation」ではなく「cancelation」であることを確かめます。

しかし、偉大なライターにとっては、文法的に正しいだけでは不十分です。意図したメッセージを明確に伝えるために、コピーをテストします。仲間と一緒に簡単なテストをしたり、実際にサンプルユーザーに読んでもらったりして、理解度を確認します。

4. 良いライターは指示に従う、偉大なライターは押し戻す

完璧に作り込まれ、テストされたコピーでも、ステークホルダーを満足させられないことがあります。

良いライターは、PMを通じてステークホルダーからのフィードバックに注意を払い、すぐにコピーの修正に応じます。詳細はありませんか」「締め切りはいつですか」以外は質問されない。

プロジェクトマネージャーは、偉大なライターに改訂版のブリーフを送るのをためらうでしょう。偉大なライターは、フィードバックに反論するよう求めてくる可能性があるためです。

偉大なライターは、修正依頼にすぐには応じないでしょう。PMから渡されたプロジェクトのブリーフを見返して、修正の前に納得のいく説明を求めてくるはずです。

しかし、偉大なライターが修正をしないわけではなく、実際に修正しますし、それでいいのです。プロダクトや ユーザーエクスペリエンスを向上させるためには、やはり何度か繰り返しが必要です。ただ、その問題が本当にテキストを変更することでしか解決できないのかどうかを確認したいだけなのです。そうでない場合もありますから。

5. 良いライターはプロダクトをチェックし、偉大なライターは実際にそれを体験する

プロジェクトが始動しました!プロジェクトマネージャーは祝いのメッセージを送ります。

プロダクトが出揃うと、良いライターはテキストを精査し、すべてが取り決められたデザイン通りになっていることを確認します。すべてにチェックがついたら、今度は別のプロジェクトに移行します。

偉大なライターも、良いライターと同じように確認作業を行います。

しかし、チェック作業はほんの始まりに過ぎません。偉大なライターは、プロダクトを実際に使って、ユーザーの立場で体験します。ユーザーとしてプロダクトを試すことをドッグフーディングと呼びます。

偉大なライターは、デザイン、コピー、フロー、サービスなどを検証します。そして、発見した問題点を書き留め、プロダクトの振り返りで発表し、次の開発で修正するのです。



Photo by Daria Nepriakhina on Unsplash

要約:偉大なUXライターがやっているが、良いライターがやっていないこと

  • ブリーフに異議を唱える
  • 交渉する
  • コピーをテストする
  • フィードバックに反論する
  • ユーザーとしてプロダクトを体験する(ドッグフーディング)

誰もが良いライターを愛し、偉大なライターを尊敬しています。偉大なライターは、より大胆です。彼らは大抵の場合、限界を押し広げ、コピーを作ること以外の努力をします。



執筆者プロフィール:プトゥ・M・ウィジャヤ(Putu M. Wijaya


プトゥ・M・ウィジャヤは、インドネシアのオンライントラベルサービスtiket.comのリード・プロダクトライターです。2021年にはMediumのTop1000Writerにも選出されています。
TwitterLinkedIn